成長ホルモンサプリってどうなの?体への効果の不安やサプリを飲む意味を考えるブログ

成長ホルモンサプリメントの効果測定【ホルモンインパクト】

istock_000032179508_small

成長ホルモンが不足

成長ホルモンの分泌が不足するとどうなる?サプリで補う意味とは

投稿日:

成長ホルモン分泌の不足により、どのような症状が現れるのか示してみます。

サプリなどを使い成長ホルモン分泌を補いたい、その意味の理解にも繋がるはずです。

自らの体を作る作用を低下させる

もしも成長ホルモンの分泌作用が鈍くなりすぎて、不足するほどの事態になれば、成長と代謝が上手く立ち行かなくなります。成長に関しては、成長期が止まれば体を大きくさせることにはなりません。

しかし、傷の修復や筋肉の増大などに成長作用が関わります。そして代謝は、大雑把に言えばエネルギーの吸収に関わる、と表現できます。

成長と代謝の作用は、言わば体を作る作用です。成長ホルモンの分泌が悪くなり不足すれば、自らの体を作る作用が得にくくなることを意味します。体を作る作用が弱まることでは、体の機能を鈍らせてしまうことにも繋がります。

ですのでたとえ成長期が止まった大人でも、成長ホルモンの分泌は必要です。場合によってはサプリなどの力を借りて、成長ホルモンが不足しないよう分泌を保つことは、とても大事です。

骨や筋肉に皮膚も弱まり怪我や病気を招きやすい

成長ホルモンが不足することで、実際に起こりやすい症状を挙げてみましょう。

まず骨の健康維持にも成長ホルモンが関わるので、不足すれば骨が弱くなることで骨折しやすくもなります。筋肉の維持も弱まるので、筋力の低下も招いてしまいます。心臓の機能維持まで弱まりますから、筋力の低下と併せてすぐに疲れやすい、といったことも起こりやすいです。

成長ホルモンは汗の調節にも関わりますが、不足により機能が低下することで、皮膚は乾燥し薄いものにさせてしまいがちです。

皮膚が乾燥し薄いことでは外傷を負いやすいですし、汗の調節がされにくいことでは体温調節の機能も弱まります。

成長ホルモンの分泌をサプリなどで補うことは、体の維持にも役立ち、怪我や病気を避ける助けにもなるでしょう。

イライラや落ち込みに集中力の低下も引き起こす

成長ホルモンの分泌が不足し代謝作用を下げてしまうことでは、上手く栄養分を消化吸収できないことに繋がります。

中性脂肪が貯まりやすくなるので、贅肉のみならず血管内につまりを作りやすくし、それは動脈硬化を引き起こす要因にもなります。動脈硬化も長く続けば、心不全といった生命に関わるほど深刻な症状を招きます。肝臓などの働きも弱まっていることで、糖尿病を招きやすい体質にもしてしまうでしょう。

単に体が上手く機能しない、それだけにとどまればいいのですが、体の機能の低下は精神面にも悪い影響を与えます。疲れやすい体ですから気力の低下を招き、それは集中力を欠いたり、すぐ落ち込んでしまうことにもなりやすいです。

またストレスにも弱くなりますから、無駄にイライラしたりもしやすくなります。健康だけでなく精神のバランス維持にも、サプリなどで成長ホルモンの分泌を補い不足を防ぐことは、無駄なことではありません。

-成長ホルモンが不足

Copyright© 成長ホルモンサプリメントの効果測定【ホルモンインパクト】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.