成長ホルモンサプリってどうなの?体への効果の不安やサプリを飲む意味を考えるブログ

成長ホルモンサプリメントの効果測定【ホルモンインパクト】

istock_000065565159_small

成長ホルモンサプリの効果

成長ホルモンサプリといえば亜鉛が基本?その効果について

投稿日:

成長ホルモンサプリには亜鉛が基本ですが、それだけにはとどまりません。

その期待できる効果を見れば、亜鉛だけでは物足りないと考えることもできるからです。

成長ホルモンの産生を助ける成分として

成長ホルモンサプリに含まれる亜鉛は、どのような効果を期待したものかと言えば、成長ホルモンの産生を助ける効果です。

亜鉛はタンパク質の生成や代謝、つまりは体内に摂取したタンパク質をアミノ酸に分解してタンパク質に生成し直すことを助ける、とされるものです。

タンパク質生成や代謝を助けることでは、それは成長ホルモンの産生を助けることにも繋がります。なぜならば、成長ホルモンもアミノ酸から生成されたタンパク質であるからです。

実際には亜鉛だけでなくビタミンB6も併せて摂取することにはなるでしょう。ビタミンB6には、亜鉛の働きを正常にすることが期待できるからです。

亜鉛に期待できる効果をより得やすくするため、ビタミンB6も外せないわけです。

産生能力だけでなく分泌作用もアップしたい

成長ホルモンサプリは基本的に成長ホルモンそのものを摂取するものでなく、成長ホルモンが体内で分泌されやすいように働きかけるものです。

成長ホルモンが分泌されやすいようにすることでは、ただ成長ホルモンの産生能力を上げれば効果も得られやすい、といったことにはなりません。

いくら産生能力を上げたところで、肝心の分泌作用が機能しなければ、成長ホルモンの分泌アップも期待できないからです。ですから、考えようによっては亜鉛さえ含めばよいわけでもありません。

併せて成長ホルモンの分泌作用が上がる助けとなる成分も含まれている方が、理想的であるわけです。

分泌作用を活発にするには亜鉛だけでは物足りない

年齢を重ねるごとに、成長ホルモンの分泌作用は落ちるとされています。

成長ホルモンの産生が増えれば分泌も増えるのであれば苦労もないですが、そういうものでもありません。

抑えられた成長ホルモンの分泌を改善したいのであれば、分泌作用を活発にすることも大事であるわけです。

その場合に、成長ホルモン分泌を促す助けとなる成分が期待したい効果に適うものですから、亜鉛だけでは物足りません。

ですので、成長ホルモンサプリには亜鉛だけが基本と言うわけにはいかない、と考えることもできるわけです。

亜鉛のような成長ホルモンの産生を助ける成分に加えて、アルギニンなど成長ホルモンの分泌アップが期待できる成分も含まれていることが、望まれるわけです。

-成長ホルモンサプリの効果

Copyright© 成長ホルモンサプリメントの効果測定【ホルモンインパクト】 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.